スピリチュアルの力 〜幸せを呼び込む作法〜 第5回 幸せを呼び込む作法 「大地のパワーをとり込む」

大地のパワーをとり込む

ライフエナジーで身体や空間を満たすこと。
今回は日常に即した方法をご紹介しましょう。

まずは「食事」です。
栄養の話をすると話は長くなってしまいますが、今回はとても簡単な話にします。

自然が創造したもの「天然」のものを食する。というのがシンプル且つ効率的です。
人が丹精を込めて作ったものには、ライフエナジーが満ちています。農薬や保存料を使用しているものは極力さけましょう。

元来、大地にはパワーが満ちていました。太陽・宇宙空間そして大地からのパワーで、ライフエナジーがいっぱいで、そこから収穫する食物自体もパワーが詰まった状態でした。でも今はどうでしょう。文明の進化と共に自然は侵食されて、農薬が大量に使用され、ライフエナジーで満ちたかつての大地はどんどん減っています。パワーのない大地からはパワーのない食物しか育ちません。販売のために保存料が使われることも好ましくありません。できるだけ、オーガニックな食事をとるように心がけましょう。

この頃は、生産者の顔がわかる食材が増え、産地なども明確に表示するようになってきました。第3回で、「モノに想いを込める」とありましたが、まさしく職人の方々が丹精を込めて作り上げた天然のものを食するようにして下さい。

そして「温泉」です。
日本人は温泉が大好きですよね。天然温泉というのはライフエナジーに満ちています。温泉に浸かるということは、気持ちがいいですし1番継続的に簡単にできそうですね。
有名な温泉には、昔から難病の方が通うことで病が完治したり回復したりという言い伝えが必ず一つや二つありますよね。それは、温泉に明記してある効果効能の他に、ライフエナジーが大きく起因していると考えています。

イメージ

温泉にも加水をしているもの、天然のものなどでパワーが違います。沸かし湯はまったくパワーがないとは言いませんが、地球のパワーを受けて誕生した温泉にはかないません。日々忙しいと思いますが、1ヶ月に何回かは温泉にはいる習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

食事でも温泉でも共通していることは、地球が本来持つパワーの影響を受けたものを取り入れるということです。第2回の冒頭でお伝えしましたが、地球は太陽と月と絶妙なバランスを保ちライフエナジーを受けやすい惑星です。地球が持っているライフエナジーをふんだんに含んだ食物や温泉を活用することで、ポジティブ思考に変わっていきましょう。


中屋高明
監修
スピリチュアルヒーラー、医学気功師

中屋 高明

郵政事務官、日蓮宗教師を経て無二会気候研究所にて気功を学び、渡中留学。北京市赤十字会伝統医学交流センター中国道家医学気功八卦循導功本部万蘇建師に師事。現在、推拿医学気功士、北京市紅十字会伝統医学交流中心の国際研修研究員と東京中医学研究所所属医学気功師。スピリチュアルヒーラーとして、これまでに多くの芸能人やスポーツ選手のカウンセリングやヒーリング、メンタルトレーニングを行う。土地・建物・乗り物などの環境浄化、健康維持・管理・能力強化、企画コンサルティング等に活躍中。